2014年11月16日

今回の講座内容 - 於:京都坊主Ber

 本日11月16日、京都坊主Ber で行います「ヨガと東洋医学」

 僕がお話致します講座の内容のレジュメを公開致します。

 鍼灸医学は、身体を治療するために身体以外の心と魂を扱います。

 鍼灸医学とは、人生における『生き方』を問う医学であります。

 ※ 本日、まだお席がご用意できるとのことです。

 お問い合わせ先 → 京都坊主Ber



 レジュメ

 1.全体性の回復 自分は何で出来ているのか。
   意識さえ、自分以外の目に見えないものの集まりである。
   心と体と魂と・・・ とっさの時に現れる魂の働き
   魂の志向は、感動。

 2.病と病気  病の情報を集めると悪化する。 
   病名は、部分に意識を固定化する。

 3.部分的な症状は、全体性の中で捉える。
   アレルギーは、免疫疾患という部分的な視点
   幼児の病・・・幼児を取り巻く環境

 4.生きることの基本は、何に価値を置いて生きるのか。
   本当にお金のために働いているのか? 価値を見失うと疲労の度合いが深まる。


 5.生活の基本=養生 ・・・ 和する
  ・和するとは、常に流れている・動いていること。
  ・自然に寄り添う=四季の変化に寄り添う。
  ・飲食と服装、睡眠
  ・自然に備わった欲求と摂生。
  ・自然にわき起こる感情を受け入れる 
  ・心の鏡を意識する。
  ・自分以外のものを大切にする。
  



新ロゴ鍼灸院.jpg
posted by いおり at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 外部活動

2014年10月06日

意識の在り様

IMG_2557.JPG

 台風が近づきつつあった昨日5日、京都坊主バーで行われました「ヨガと東洋医学」に行って参りました。

 そもそも、僕が長野女史にヨガを教えてもらいたいということでスタートしたのですが、気持ち良い時間を過ごすことができました。

 みなさん、ご自身の手を、足の指をマジマジと見つめて見られたことが、ありますでしょうか。

 足の指を見つめて感じて、そして動かしてみる。

 たったこれだけのことが、身体にとっては大きな喜び。

 当たり前になっていることが、実は不思議と言えば不思議。

 そんな感覚になってると、自然と感謝と喜びの気持ちが湧いてくるものです。


 一個人として目立つことなくコツコツと社会生活を送っていて、ある日突然自分に光が当たってその役割を認められ、感謝されると嬉しくないでしょうか。

 自分と向き合うことって、そんなに大そうなことではなく、ほんの少し意識を向けてあげるだけで良いのです。

 ここ数回のヨガで、学んだこと。

 次回は11月16日(日)の午後1時から京都坊主バーで。


新ロゴ鍼灸院.jpg
posted by いおり at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 外部活動
最近のコメント
花粉症のあれこれ by (04/13)
花粉症のあれこれ by アンクルガーデナー (04/12)
特別なことは、ムダ by アンクルガーデナー (02/22)
春の気 by (02/16)
春の気 by アンクルガーデナー (02/15)
タグクラウド