2013年03月16日

自分で治せますよ、花粉症(4)

 
IMG_0029.JPG


 先日、往診先でラジオから「温度差アレルギー」という耳慣れない言葉が入ってきました。帰りの電車の中で、きっとあのことだろうなと思い、治療所で調べて見ると「血管運動性鼻炎」と診断がつくらしい。その他、風邪に似た症状や皮膚症状の現れる人もおられるようですね。

 温度差で鼻炎症状が出るって、やっと認識されるようになってきたのか・・・我々は10数年前からすでに認識していることなんですがね。

 当院にアレルギー性鼻炎で、初めて受診された方には、温度差で症状が発現しやすいかどうかは、問診で尋ねる必須の項目です。

 西洋医学では、やはり抗ヒスタミン薬、副腎皮質ホルモン薬、自律神経薬などで治療するか、鼻膜を切り取ったりレーザーで焼いたりする治療が中心の様です。どうしても局所治療、対症療法になりますね。

 我々から見ると、よしんば症状が治まったとしても、基本的な問題が解決した訳ではないので、いずれ他の病気に姿を変えて出て来るだろうと、当然のことのように推測します。

 一時的に症状を抑えるのも、時と場合によっては仕方のない時もあります。症状が取れたらそれで「よし」とする人も、それはそれで好いと思いますが、薬を服用して乗り切ることは問題を先送りにして、往々にして身体全体の状態をより低下させることになります。

 我々東洋医学では、現象(症状)は鼻粘膜に起きていても、全身状態の反映が鼻に出ていると捉えるので、直接鼻の周囲に鍼をしたりお灸したりすることは、あり得ないことです。(やってるところもあるようですが)

 そもそも花粉症は、風邪に似た症状を現わすと言われているのですが、「花粉症(3)」で書いたように身体をガードする衛気の状態が弱いために起きる現象です。

 原因は日常生活にあります。(花粉症(2)に書いていますので参照してください)

 衛気の成り立ちから説いていくと、下半身の丹田と呼ばれるあたりに身体全体の陽気の元があります。この陽気と、飲食物の栄養分が一緒になって上半身へと流れ衛気として全身を覆います。

 江戸期の医師、岡本 一抱(1654〜1716年)は、この様を鍋に例えています。(近松門左衛門の弟です)

 鍋の下の火が、丹田の陽気。鍋の中身が胃腸。上半身は鍋のフタ。フタの穴から出る蒸気を衛気と言うように表現しています。


 下半身を直接冷やしたり(鍋の下の火力の低下)、鍋の中が冷えていると中々蒸気(衛気)が出てきません。

 下半身が冷えるのは、服装にもよりますし、長期間冷飲食することによって消化器だけでなく、次第に下半身も冷えてきます。

 温所から冷所に移動してくしゃみや咳が出る人は、この弱っている衛気を寒気が寒邪となって人体を犯そうとするからです。このような方は、熱いうどんやラーメンなどを食べると鼻水が出てきます。身体が温まることで体液の代謝が上がるためです。


 アレルギー=体質=治らない、と思いがちですが、そんなことは断じてありません。

 アレルギーと診断されても、しっかりと養生すると必ずよくなります。

 だってね、そのような人を臨床でたくさん目にしてきたからです。

logo.gif
posted by いおり at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
花粉症のあれこれ by (04/13)
花粉症のあれこれ by アンクルガーデナー (04/12)
特別なことは、ムダ by アンクルガーデナー (02/22)
春の気 by (02/16)
春の気 by アンクルガーデナー (02/15)
タグクラウド