2013年02月07日

自分で治せますよ、花粉症(1)

 つい先日、電車の広告で、花粉と戦え! 鼻炎と戦え! という鼻炎用薬のキャッチコピーなのですが、まるで戦争。

 問題を外に見るのか、それとも内に見るのかで対処方法と結果が驚くほど違ってきます。

 

 花粉症→アレルギー疾患→体質→仕方がないと思い込んでいる方。


 

 あきらめないでください。自分で治すことができます。


 


 花粉症の鼻の代表的な症状には、


1.頻回のくしゃみ


2.水様性の鼻水

3.鼻つまりがあります。また鼻水はあまり出ないのだけれども粘性でいつも詰まっている。

4.顔面や目の粘膜・鼻腔の痒み、反対に乾いて痛むと訴える方もおられます。 

 花粉症と言っても、東洋医学的にはいくつかのタイプがあるのですが、花粉症のメカニズムを知ることが対処の第一歩です。

 ご自身の身体を少し観察して下さい。


 @温度変化で症状がどのようになるか。
  暖かいところから寒いところに移動したとき。たとえば温かい布団から出たとき、暖所から寒所に移動し
  たときと、その反対。入浴した時やうどんなどを食べて身体が温まった時。


 A鼻のつまり

  寝るときに顔を左横(下)にして寝ると反対側の右の鼻(上)が通りる。顔の向きを変えて観察してみてく
  ださい。

 B睡眠

  就寝時間が遅かったり、睡眠時間が短い時。


 @では、くしゃみ、鼻水と尿量に変化が現れやすい。

 Aでは、顔の向きによって通る鼻が左右入れ替わることがあります。

 Bでは、顔面や目の粘膜・鼻腔の痒み・熱感がきつくなることがあります。

 @Aの変化が顕著に出る方は、内臓が冷えているか循らせる力(気)が不足しておられる方で、身体に余分な体液(水邪)が停滞しています。

 Bは、気の停滞による熱と陰血不足によって起きてきます。(これは後に説明します)


 まずは、今書きました13の寒暖の変化と身体の症状の変化を観察してください。

logo.gif
posted by いおり at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
花粉症のあれこれ by (04/13)
花粉症のあれこれ by アンクルガーデナー (04/12)
特別なことは、ムダ by アンクルガーデナー (02/22)
春の気 by (02/16)
春の気 by アンクルガーデナー (02/15)
タグクラウド