2012年08月22日

和を貴ぶ

  残暑、相変わらず厳しいですね。

 でもコーラスだったセミの声も、ソロで聞こえてくるようになったのでいよいよ夏も終わりかなと思います。

 夜になると鈴虫の声。秋の訪れを感じます。

 でもまだ暑いですよねっ!


 今年の夏は、計画停電を実施するかも知れないと関西電力から通知をもらっていたのですが、無かったですよね、計画停電。

 民間が、かなり節電に貢献したそうで、政治家以上に民間の危機意識の高さを物語っているように思えました。

 それに比べて政府内は、なにやらよくわからないくらい混乱しているように感じます。

 真に「国民のため」と言うなら、国会内から争いを無くして下々に範を垂れてもらいたいものです。


 一個人としても、頭の中が混乱したり、葛藤したり、自分の中でいつも戦いが起こっていると、身体もおかしくなるというものです。

 それでも身体は、良くなろうと懸命。

 民間は、国のエネルギー政策の失敗のつけを、文句を言いながらもしっかりと協力して節電に取り組んでいる。

 素晴らしいじゃありませんか。

 市民団体が原発反対とか何とか言っても、太極を観ることができるのが政府なのですから、厳然として欲しいです。

 基本的に僕は脱原発派ですが、今すぐにとは希望していません。

 極端から極端では、民間は疲弊してしまいます。

 一個人として考えてみても、電気が一時的にでも止まると、冷蔵庫の中のものはどうなるんですか。



 聖徳太子は「和をもって貴しとする」と。

 政党や議員の私利私欲、我利我利。そして論争?!

 論争を良しとしますか?

 論争だって言葉や信条の違いによる立派な戦争です。

 議会は色んな意見や構想を持ち寄って、今よりもっと良い社会を実現する場であるのでしょう。だからこそ、論争のない平和的な話し合いの場であって欲しいと願います。

 「和をもって貴しとする」

 最も大切な日本の伝統文化を支えてきた精神だと思えるのですが。
タグ: 平和
posted by いおり at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の風景
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
最近のコメント
花粉症のあれこれ by (04/13)
花粉症のあれこれ by アンクルガーデナー (04/12)
特別なことは、ムダ by アンクルガーデナー (02/22)
春の気 by (02/16)
春の気 by アンクルガーデナー (02/15)
タグクラウド