2015年03月21日

花粉症のあれこれ

IMG_0441.JPG

治療所近くの、街路樹 モクレン





本日3月21日土曜、モクレンの花が暖かな春の陽気のもと、もうすでにあでやかに咲いていますね。


天気予報に、花粉の飛散状況なども報道され、いよいよ本格的な花粉症シーズン到来と言ったところでしょうか。


当院にも花粉症でお見えになる方がいらっしゃいますが、治療を受けて頂くと、皆様一時的に良くなられます。


そして花粉症の真の原因となる、メンタルなこと、さらには飲食の指導を行っているのですが、それにもかかわらず、大抵の方が再発しておみえになられます。


説明して頭では理解できても、いまひとつ因果関係の実感が無いからだと考えています。


皆様に共通していること。


それは、花粉が原因で起きているという認識です。



これが根強い観念となって、浸み込んでいるのだなぁと、いつも考えさせられます。


無理もない。世を挙げて、原因が人体の外にあるとの観念を、毎日植え付けているのですから。


スギ花粉飛散状況の報道など、その最たるものです。



この観念こそが、この病を困難にしている1番の原因です。


再発して来院されるまでのメンタルの状況と、口にした飲食物をたどっていくと、自分が行ったことと自分の身に起きていることの因果関係がはっきりとします。


このように、毎日何気なく口にしているものや心の状態と、花粉症状とが実感として結びつくと、まずほとんど再発することは無くなります。



病の原因が外にあるならば、抗アレルギー剤の服用、マスクや外出を控えるなどの対策を延々と続けなくてはなりません。


病の原因が内にあるならば、生活を改めることで花粉を気にせず生きて行くことができます。


その反面、メンタルを含めた生活全般における摂生が必要になります。



病もつらいが、摂生もつらい・・・


自分の身に起きていることの責任を、自分でとれるようになりましょう。


それが真の自立した、大人というものです。



皆様、あまりマスコミの報道は、信用しない方がよろしいですよ。


健康情報に関しては、特にです。


心を穏やかに、飲食に節度を持ち、夜はぐっすりと寝て気持ち良く排泄する。


これらをおろそかにして、どこに健康の秘訣があるのでしょうか。





新ロゴ鍼灸院.jpg


posted by いおり at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 診察室の窓
この記事へのコメント
花粉症の話、真実を聞くのが怖いですね。
仕事を減らし、酒も控えて・・・
なーんて言われたら、窒息しそうです(笑)
でも、日々、穏やかに前向きに過ごすことができたら、ずいぶん違うとも考えます。
そういえば、今年は花粉の量も多く、大変な年だといわれておりますが、私の場合、今のところ、薬も飲まなくて大丈夫なのです。
なんか、乗り切れそうです。
仕事は低迷、子供の学費・・ストレスはMAXなのに、花粉症の症状はでません。
不思議なんです。
Posted by アンクルガーデナー at 2015年04月12日 22:11
アンクルガーデナーさん、因果関係が分からないと、不思議に思えますよね。花粉症が計げされているのには、なにか理由があると思います。アレルギーは、一般的には体質でそのまま放置しても治ることは無いと信じられています。そんなことは、無いのですよ。
Posted by at 2015年04月13日 08:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115466207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
花粉症のあれこれ by (04/13)
花粉症のあれこれ by アンクルガーデナー (04/12)
特別なことは、ムダ by アンクルガーデナー (02/22)
春の気 by (02/16)
春の気 by アンクルガーデナー (02/15)
タグクラウド