2015年02月12日

春の気

IMG_0052.JPG






 立春も過ぎ、これから三寒四温を実感する季節になってきました。

 この時期、もうすでに肩や首がなんとなく張った感じがするとおっしゃる方もチラホラ見かけるようになりました。

 自然界の春は、下図のように種が外に上にと昇るような気の動きが始まります。



春上昇



 当然、のぼせやすくなり、気が突き上がって咳などを生じる場合もありますし、体内の邪気が表に出てくるときでもありますから、皮膚症状も生じやすくなります。

 もうひとつ。この時期の腰痛です。

 相対的に上半身に気が集まるので、下半身の気が虚ろになりがちです。

 そうすると、まずけつまずきやすくなりますので、足元にご注意ください。

 そして下半身の気が虚ろになっているところに、体内で代謝されていない邪気が流れ込むと腰痛を起します。

 イライラしたり、あわてたりすると、ただでさえ上に昇りがちな身体の気が、さらに加速されることになります。

 春は、身体の動きもこころの使い方もゆったりとしなさいと、古典の養生法では説いています。

 何かと忙しく動き回っている現代人にとっては、なかなか難しいことですが、頭の隅にでもちょっと置いて日常をお過ごし下さい。



新ロゴ鍼灸院.jpg

posted by いおり at 13:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 四季の過ごし方
この記事へのコメント
言われてみれば、ここ数日、寝汗をかくのですよ。寒いはずなのに、体が燃えているような感じです。基礎代謝が上がったのかな? と喜んでいましたが、のぼせていたのでしょうか?
とにかく夏が待ち遠しいです。
Posted by アンクルガーデナー at 2015年02月15日 20:41
アンクルガーデナーさん、ご訪問ありがとうございます。
寝汗は、熱を解放している姿です。反対に、体内に熱が籠っておられるので、ニラ、にんにく、香辛料、お酒などは控えられて、気が伸びるようにゆったりと過ごされるのがこの時期には大切なのです。
飲食はともかく、お忙しいアンクルガーデナーさんにとっては、後者が難しいかもしれませんね。
Posted by at 2015年02月16日 06:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113594287
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
花粉症のあれこれ by (04/13)
花粉症のあれこれ by アンクルガーデナー (04/12)
特別なことは、ムダ by アンクルガーデナー (02/22)
春の気 by (02/16)
春の気 by アンクルガーデナー (02/15)
タグクラウド