2014年08月01日

女性の生理痛(4)

IMG_5848.JPG

 少し間が空いてしまいましたが、続きを書きます。


 生理痛の原因となる精神素因として、東洋医学では「七情の不和」とか「七情内鬱」という概念があります。

 これはどういうことかと言いますと、怒・喜・悲・思・憂・驚・恐の七種類の感情表現が過剰であったり抑圧されすぎることが、病因となることを示しています。

 生理前に、イライラしたり怒りっぽくなる方は、平素よりこの七情が解放されずに鬱積していることがほとんどです。

 何に対してイライラしているのか、怒りが湧いてくるのか、不満であるのかが明確である場合は、まだ問題ありません。

 なぜなら、解決すべき問題が意識に上っているからです。

 解決すべき問題が、意識に上っておりさえすれば、今すぐに解決できないとしても、毎日の営みの中で解決の糸口が見つかる可能性が高いからです。

 意識されていないと、解決の糸口が目の前に在ったとしても通り過ぎてしまいます。

 自分の心と身体に大きな負担を強いている問題に、まず気づくこと。

 これが最も大切です。

 顔の表情を観れば、相手の人の状況がある程度理解することが出来るように、心身一如を標榜している我々鍼灸師は、手首の脈の打ち方やお腹・背中・手足に触れて、言葉では表現できない心身の表情を読み取ります。

 そして互いに交わす会話と気の交流を通じて、自分自身に対する理解を深めてもらいます。

 鍼をすることで、つらい痛みを取り去ったり気持ちを落ち着かせることも大事です。

 鍼をして、生理痛を取ることなんて我々にとっては、簡単なことです。

 しかし、それ以上に大切なのは、生理痛を再び起こさないために、心の習慣や生活の習慣に気付いて、具体的に変えて頂くことです。

 まず、気づく。

 これが重要です。

               つづく

新ロゴ鍼灸院.jpg

posted by いおり at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性疾患・妊娠・出産

2014年08月08日

女性の生理痛(5)

IMG_5844.JPG





 前回は、自分自身の心身の状態に、まず気づくことの重要性を説いて参りました。

 ところが、何が自分の心の引っかかりになっているのか分からない。

 また、いわゆるストレス状態になっているのに、そのことを自覚できない。

 このような人は、男女に限らず、日常の臨床でたくさん遭遇いたします。


 女性の場合、生理前になると、イライラがつのって、つい感情的になって周囲に当たり散

らしてしまう。

 このようにおっしゃる方も、結構多いのです。

 このような場合は、小さな怒りや不満が積み重なって、次第に大きな怒りや不満になって

しまっているのです。

 このようなことは、男性にも存在するのですが、特に女性の場合は生理前に、はっきりと

情緒不安定という形で現れます。

 そしてこのような時には、いくら怒ったりどなったりしても、なかなかすっきり感があり

ません。

 あとに残るのは、解消できない不満感と自己嫌悪です。

 理由は様々考えられます。

 その第一は、やはり思考と感情。頭と身体感覚が分断されていることです。

 これはなにも、生理痛に限ったことではなく、あらゆる病気に共通することです。

 現代は、何事も展開が速いため、じっくりと自分の感覚に向き合うことが難しくなってい

ます。

 自分と向き合うことは、「いまここ」の自分を自覚することからです。

 その方法のひとつとして、自分の呼吸に意識を向けることが挙げられます。

 これは禅の教えの基本でもあります。


 一般の方々にも公開しています、「一の会 養生講座」では、このような点を軸に据えて毎

月行っています。

 8月23月(土)は、永松周二先生による「東洋医学 身体学」を通じてお伝えいたします。

 10月からは、禅をベースとした金澤による「呼吸瞑想」を始める予定でいます。

 ちょっと宣伝めいてしまいましたが、委細・詳細はこちらをご覧ください。
                 ↓

             『一の会 養生講座』


 ときに、じっくりと自分の心と身体に向き合う時間を、取ってみられてはいかがでしょうか。



新ロゴ鍼灸院.jpg

posted by いおり at 06:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 女性疾患・妊娠・出産
最近のコメント
花粉症のあれこれ by (04/13)
花粉症のあれこれ by アンクルガーデナー (04/12)
特別なことは、ムダ by アンクルガーデナー (02/22)
春の気 by (02/16)
春の気 by アンクルガーデナー (02/15)
タグクラウド